考え方

プログラマーなら、とことん商品を作り販売していくべき

考え方-アイキャッチ

こんにちは!ゆーたろうです。

この度、当ブログにて自作ツールの販売を開始することにしました。

というのも、先ほどランサーズで募集案件を見ていたところ、とても驚くことが判明したのです。

それは、【物販系のツールの需要が高い!!】ことです。

実際にランサーズで検索すると、とても多くの出品がありました。

ランサーズ-物販系案件-一覧

具体的なツール名や出品者は隠しておりますが、とてもたくさんのツールが販売されていることが分かりますね。

そしてなにより、ランサーズでもココナラのように出品することができるのが衝撃的でした!

ランサーズではそれを「スキルパッケージ」と言うようです。

私の頭には「ランサーズは受発注するところ」という印象があり、まさかランサー側から商品を出品できるなんて知りませんでした。

そしてココナラよりも単価が高いことも、私がこのサイトでも自社販売しようとしたきっかけになりました。

つまり簡単に言えば、露出を増やせ!ということですね。

どんなによい商品でも、知ってもらえなければ売れません。

そして、売れなければ自身の収入にもつながりますし、

なにより、そのツールを使うことによって一人でも多くの方の悩みが解決されるのに、それが叶わず、その人の悩みが続いてしまうことにつながります。

私は以前、あるビジネススクールでこんなことを学びました。

「ビジネスは、悩み解決であり、ありがとう集めである」と。

これを聞いた当時はなんのことかイメージが付きませんでしたが、今、こうやって自分の力で稼いでいく道を進んでいるととてもよく分かります。

  • 移動を早めたいから、車を作る
  • 自宅にあるものを手軽に必要としている人に渡したいから、フリマアプリを作る

などなど。この世界にある仕事はみな、誰かの悩みを解決するための手段なのです。

自分で稼ぐ道を選ぶ以上は、マインドブロックや先入観は死活問題です。

そんなことをしていては、絶対に稼ぐことはできません。

もちろん、法を犯すような稼ぎ方は、だめ、絶対!です。

ですが、そんな危険なことをしなくても、稼ぐ方法などたくさんあります。

そして、プログラマーはそれができるのです。

これからの時代、今まで以上にICTリテラシーが重要になってきます。

これまでパソコンやスマホなど触ったことがない一般の人でも、ネットワーク設定に触れたり、パソコンでの開発に参入したりしてきます。

そんな時代だからこそ、今、ICT知識があるプログラマーこそ、後続の方々のために、今まで蓄えた知識を形にして提供していくべきではないかと考えています。

最初のうちは、自分が持っている知識や技術の中で、どんなものに需要があるのかは分からないものです。

私だって、ツール開発や物販などさまざまな事業を展開していますが、まさかバーコードがプリントされた洋服がたくさん売れるなんて、それを知った当時は衝撃でしたもの。

やってみて初めて分かることのほうが多いです。

サラリーマンプログラマーであれば、本業の傍らでできるので、なおさらツール開発や、設定方法の発信など、ICT知識の情報発信をしていくべきだと思います。

「こんな簡単なプログラムでもこれだけ高価な価格で買ってくれる方がいるんだ!」とたくさん発見があるかと思います。

私自身もついさきほどまでその先入観にとらわれていましたが、これからはもっと露出を増やして、自作ツールの販売、もとより、一人でも多くの方の悩み解決の手助けをしていきたいと思っています。

というわけで、今日から早速、ニーズの高いツールから制作開始するぞー!おー!